toggle
Blog

ネイルコラムvol.13

いつも、ご覧頂きありがとうございます。

お客様のご質問/Question

ネイル初心者です。。ネイルの種類がどんなものがあるか知りたいです。

今回は

第三段 スカルプチュアになります。

なんとなく名前は知っているという方が多いのではないでしょうか。

ジェルなどに比べ強度があり、厚みも出やすいので、長さ出しに使われることが多いものですが、最近では深爪改善のために、上に補強するために使用されます。

アスリートの方や、ミュージシャンの方、

爪が折れやすい、という方にも補強で使われやすいです。

例えば、結婚式、や急なご予定で長さ出しをしたい!という方

オフ(ご自身ではオフする事が難しいので、サロンでオフする事をおすすめしております。)をしに、サロンに行けそうであれば、付ける事が可能です。

こちらはフレンチで長さ出しの場合です。

他にもラメやカラーのグラデーションなどございます。

昨今では、ここまで長さ出しをする方が少ないですが、やはり長さのあるネイルはいつ見ても、憧れでかつかっこが良いと感じます。

本日はここまで。

ネイルコラムvol12

皆様こんにちは!お待たせいたしました。前回の続きになります。

お客様のご質問

ネイル初心者です。ネイルの種類にどんなものがあるか。知りたいです

前回はジェル編でした

第二段

今回はハンドケア編です。

ハンドケアとは自爪の上に装飾をせず、

爪の形を整え、表面を磨き、甘皮をお湯でうるかして、カットしていく工程になります。

(当店ではそれに、ハンドマッサージと最後にベースコートが付きます。)

ハンドケアの利点としては

①、普段ネイルが出来ない方、

②ご自身でマニキュアを塗られる前のケアと   して。(マニキュアの持ちが少々良くなります)

③爪の長さを短く保ち、保湿クリームを使うので、乾燥して折れたりしにくく、爪を伸ばしていくことも可能。

となります。

普段のお手入れとして、なかなか装飾が出来ない方にオススメです。

通う周期としては1か月から3週間に1回程度、爪の伸び具合に合わせると良いと思います。

ハンドケア例

本日はここまで

ネイルコラムVOL.11

お客様のご質問/Question

ネイル初心者です。サロンも行ったことがなく、種類がどんなものがあるのか、詳しく知りたいです。

ご質問有難うございます。

それでは、早速お応えさせて頂きます

まず、よく周りで目にするものは自然な色、長さ、自爪に付けることができる、

①ジェルネイル(お写真例・カラーグラデーション)

というものがあります

とろみのある、柔軟性のあるものを付けていくこととなります。

こちらは、オフ(付けたものを取る作業)はご自身で行う事が難しく、

(オフセットが中には売っていますが、取るときの削る作業で自爪を痛めてしまう場合がございます。)

その時付けたネイルサロンさんでオフをしてもらうのがお勧めです。(他店のサロンさんでオフも可能です。)

だいたい付け替え(付けたものをオフし、新しいものにチェンジする)の周期は

協会の規定ですと、2~3週間程度。

当店のお客様ですと、一か月に一回、やその方の爪の伸び、持ちにより、周期を変えて頂いております。

普段付けができない方でも、ちょっとしたお休み中に付ける事や、派手なネイルが出来ない方でも、オフでご来店が可能であれば

シンプルな上記のようなグラデーション、または、クリアでジェルを付ける事が可能となります。

本日はネイルの種類の中でもっとも主流の

ジェルネイルをご紹介。続きはまた次回。

ネイルコラムvol10

本日はフットケア(ハンドケア)

の重要性に、ついて。

お客様のお悩み/Question

足の小指の爪がだいぶ小さいのですが、夏のシーズンに向けてジェルを付けたいのですが、付くのかどうか、そして、ネイルサロンの方に見せるのも、恥ずかしいです。

ご質問、ありがとうございます。

それでは、ネイルサロンルルティアの藤本が

答えさせていただきます。

まず、足の小指の爪が小さい状態は二パターンに分かれます。

①は、遺伝性のもの。

②は、少々きつい、パンプスや靴により、圧迫され、乾燥が進み、甘皮で埋もれてしまった場合。

①の場合、遺伝性のものかは、サロンでは判断しかねますので、まず、いったんケアしてもらい、ケアも可能かどうがを見てもらうと、良いでしょう。

②の場合、定期的なフットケアを行う事により、甘皮が少なくなり、爪の面積が少しづつ、広くなる可能性があります。(個人差もあるのと、諦めずに根気よくケア&保湿をしてあげるのがポイントです)

こちらは、ハンドでも同じ事が言えますが、定期的なケアと保湿で、より良い、爪を成長させることが可能になります。

夏のサンダルシーズンに間に合わせるため、今から少しづつ、ケアやジェルを始めるも良いですね。

本日はここまで。

Instagramで最旬アート更新中

2021-04-15 | Blog, ネイル

最近のお客様ネイル

皆様、こんにちは!

4月ももう半ば、いかがお過ごしでしょうか?

最近のお客様ネイルをご紹介させて頂きます。

ウルウルネイルでも使用している、ニューオーロラパウダーを使用した新作アートが人気です。

ピスタチオカラーに流行りのニュアンスのゴールドのアートがまたポイントです!

ゴールデンウィーク前のご予約がすでに埋まってきております。

ご予約はお早めに!!

Instagramで最旬アートをご覧いただけます

ネイルコラムvol9

お客様のご質問/Question

今、流行りのネイルデザインを取り入れたいのですが、自分のイメージ(ファッションや雰囲気、全体)に

合っているのか、チャレンジしたいけど、なかなか躊躇してしまします。。

ご質問、ありがとうございます。

流行りのネイルを取り入れたい、けれど全体のイメージに繋がっているか

という意識を持つことに、とても普段のご自身のイメージをいかに、大切にされているか。

が伝わり、想像しますと素敵な方なのでしょうね。

それでは、ルルティアの藤本がお応えさせて頂きます。

answer/答え

いつも、通っているネイルサロンさんで、おすすめのアートを見て、気になるが、なかなか普段のネイルに取り入れにくい。

そのような時は

まず、1本試しに施してみるのは

いかがでしょうか?

アートを入れる位置にも、ポイントがございます。

いつも目に入る指(人差し指、や親指)以外の、中指や薬指ですと、

いつもと違うデザインをチャレンジされた

ご自身に、心躍りませんでしょうか。

春、季節の変わり目、

この機会に新たな自分を見つけるにとても良い時期ですね。

本日はここまで。

Instagramで最旬アート更新

2021-03-31 | Blog, ネイル

ネイルフットアート

皆さんおはようございます!!

最近は気温も暖かく過ごしやすい日が続いていますね。

今日はそろそろフットシーズンも到来と、いう事で

フットデザインのお写真をUP致します

ピンクをベースに人気の大理石ネイルと。。。

ブルーを基調とした華やかな縦マーブル

どちらも定額ラグジュアリーコース

¥8035になります。

Instagramで最旬アートをご紹介しております↓↓

ネイルコラムvol8

お客様のお悩み/Question

最近消毒が多いせいなのか、キューティクル(甘皮)まわりのささくれが酷く、

対応しきれません。。。

何か良い方法はないでしょうか?

ささくれが酷いというお悩み、ジェルやスカルプチュアを付けていれば、余計に気になってきます。

ですが、爪全体を気にして頂ける、というとても素敵なことと感じます。

今回はその中でも、お家で出来る、ケア方法をコメントさせて頂きます!!

Answer/答え

①簡単にお家でできる方法として、キューティクルオイルをお持ち頂く(ネイルサロンや、ドラッグストアに置いています。最近ではスティックタイプの持ち運び便利なものや、お花入りの可愛いものまでございます)

②ご用意して頂いたオイルをキューティクル周りに塗布、指周りをくるくるしながら、なじませると、摩擦効果により、お肌の血行を良くして、乾燥を防いでくれます。

③それでもささくれが酷くなり、ひび割れてきて、切れてくると。。どうしても気になり、引っ張ってしまうパターンです。下のお写真のような、ニッパーを用意して、気になった部分をカットするだけでも(爪切りよりも切りやすく、使えます。使い方は、お風呂上りや、オイルで少々甘皮が柔らかくなった時点でカットすると◎)出血やささくれがもっと酷くなることを防止してくれます。

ニッパーお写真例

いかがでしたでしょうか?

本日のネイルコラムはここまで。

ネイルコラムvol.15

お客様のお悩み/Question

ネイルサロンに通い続けて早、数年たちます。

付けてもらったストーン等が取れてしまいます。お直しに行く暇もなく、ネイルサロンをそれで

点々としたことも。。何か方法はありますでしょうか?

ストーンの写真例

ネイルサロン ルルティア の藤本が答えさせていただきます!

答え/Answer

ストーンが取れる、引っかかる、等、ネイルサロンにそうそうお直しに行けるほど、

お時間はそうそう取りにくいですよね。。。

そんな時は、対策として

①ストーンが取れやすい事を伝え、しっかりコートをしてもらう

(正し、そこのネイルサロンさんによってはストーンの輝き、カットを重視しているので、輝きが多少少なくなるため、それでもご了承くださいませ。)

②それでも引っかかる、気になる場合、ストーンの位置、付ける指を変える

(引っかかる位置として、根本、先端、などを避ける)

(ストーンの指の位置を変える、こちらも、使わない指が理想、例えば、薬指等。。)

③最終手段として、ストーンを付けづに、ラメや、フィルム、ホロでキラキラにしてもらう!

こちらは、今、沢山のストーンを付けなくてもキラキラする加工やラメ、フィルムなどが開発されています。

このきっかけで新たなネイルサロンさんのオススメアートにチャレンジするなど。そういう選択もありかもしれません。。。

いかがでしたでしょうか。

本日のコラムはここまで。

2021-03-20 | Blog, ネイル

スプリングフラワーアート!

皆様こんにちは!

札幌大通り大人ネイルサロン ルルティアの藤本です

春らしい日が続いたと思ったら、また雪が降ったり、気温差も激しいので体調管理

お気を付けくださいませ。

そんな最近ですが、ルルティアでは春のフラワーアートが流行しております。

ミモザネイルや桜アート

こちらのニュアンスフラワーアートも人気です!

こちらアートの様子

最旬アートはInstagramでチェックできますよ!

↓↓

1 2 3 4