toggle
2022-02-10

Column.vol.40

乾燥がまだまだ気になるこの季節。

【ハンドケアの定期的に行うことの

メリット】

について。。。

ハンドケアとは、爪の長さを整え、表面を磨き、必要な栄養成分を与え

余分なルースキューティクルを除去していく工程となりますが。。。

ジェルやスカルプよりも見た目が

さほど変わらないような印象がありますが

ハンドケアの重要性(ジェルやアクリルオフ時に同時に行うメリット)はこちらのコラムをどうぞ↓↓

http://nail-rurutia.com/2022/01/25/column-vol-39/

ハンドケアは

①保湿や栄養を与える特別クリームで自爪が保湿され、柔軟性が戻り、(=自爪が折れずらくなる)

②同じく保湿クリーム、仕上がりが爪の表面がぴかぴか、つやつやになる事により、自ら気にかけ、常にホームケアも怠らなくなる

以上のメリットがございます。こちらの工程を継続的に行う事により得られるものは

→結果

①常につやつや、保湿されたモチベーションでいられる。

②自爪の状態でも、折れたりせず、ストレスを感じず、次のネイル復活の際、復活しやすくなる。

いかがでしたでしょうか?

自爪の時こそ、ハンドケアで常にお手入れしている状態ですと

ネイル(ジェルやアクリルを)復活させやすい状態になります。

本日はここまで。

関連記事